住宅トラブルお直し隊 結露がヒドイ
水回りのトラブル解消
不動産連合隊別館




 


(家族5人の部屋)
(単身1人の部屋)

原因

 結露問題は、いつも不動産屋さんを悩ます原因の一つです。入居者側から言わせると、建物の構造が悪いから結露が出ると言う事になるし、大家側に言わせると、他の部屋からは結露は出ていないので、入居者の使用の仕方が悪いと言う事になる。

  しかし、実際的にはいろんな要素が重なって、結露が発生するので、どちらが悪いと断定する事はできない。原因の一つは、やはり建物の施工の問題がある、壁面の断熱が充分で無いと結露は発生しやすい。
  又、上の写真のように、居住する人数によっても、これだけ差が出る。人数が5倍になると、洗濯の量も5倍、入浴時間も5倍になるため、それだけ結露は発生しやすい。

  しかし、日常生活で注意する事により、ある程度、防ぐ事ができますので、下記の対策法を参考にしてください。

対策法

  1. とにかく、マメに室内を換気(空気の入れ替え)する。
    • 換気扇を常時、回しておいたり。1日に何度か窓を空けて、室内の空気の入れ替えをする
    • ロスナイという、外気と室内気の熱交換をして、外気を暖めてから室内に取りこむ換気扇もあるので、大家さんに相談してみましょう
  1. 除湿機の購入(2万円〜5万円)
    • ワンルームや2室での1人暮らしで結露が出る場合には、除湿機を導入すると結構、効果があります。大家族や大きい部屋のタイプでは、あまり目に見えて効果は感じられないが、無いよりは、あった方が良い
  1. 家具類の配置を変える
    • 壁面に家具類を置く場合は、少なくとも5cm〜10cm、壁面から離し配置しましょう
    • 外に直接接している壁面には、なるべく家具類を配置しない。部屋と部屋の間の壁面には、結露は発生しません
  1. ポータプルストーブの使用はやめる
    • 給排気を室内で行うポータブルストーブは、結露原因の一番です。給排気を外気で行うFFストーブや、煙突式のストーブに変えましょう



 
※実際に作業を行なう場合は、器物の破損や怪我などに注意し、自己責任で行なってください。
※当サイトの情報により、なんらかの損害・不利益が発生した場合でも、当サイトでは一切の責任を負いかねます。


◆住宅トラブル解消◆
◆不動産アドバイス◆
賃貸物件の下見チェックポイント ●賃貸借契約の流れ  ●賃貸契約時の必要なお金・書類(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (福岡) (北九州) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)売買契約の流れ ●売買契約の注意事項 ●売買にかかる諸費用 ●売買の仲介手数料 ●不動産売買簡易査定法不動産の印紙税 ●不動産と消費税  ●住宅ローンの申し込み基準と必要書類  ●住宅ローン借入可能額 計算ページ ●住宅ローン計算ページ ●収益物件収支シミュレーション行政機関連絡先(函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)   ●電気・ガス・水道の連絡先(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸)(広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)(久留米)(佐賀)

●運営管理者●
----------○不動産WEB情報連合会○----------
 メールのお問い合わせはこちら→会社概要
不動産Web情報コンサルティング 株式会社ラルズネット
--インターネットで不動産住宅情報をコンサルティング--
CopyRight© 2001- , [Rals net] All rights resered
住宅トラブルお直し隊 トップページ