住宅トラブルお直し隊 水道凍結防止
(水道の水抜き・水落とし)
水回りのトラブル解消
不動産連合隊別館




 

この所、連日の寒さで水道管を凍結又は、破裂させる家が急増しています。凍結の場合、解氷作業を業者に頼むと、時間によって6000円〜20000円ほどかかります。余計な出費がかからないよう、正しい水道凍結防止の仕方を覚えましょう。

仕組みを理解しましょう

水道管の場合

  水道凍結は、水道管の中にある水が凍結することにより起こります。
よって、水道の元栓を閉めて、水を止めただけでは、管の中にまだ水が残っているため凍結してしまいます。
  蛇口を開けて、空気を入れることにより、はじめて管の中の水が抜けていき
凍結しなくなります。

ストローを水につけ、ストローの上を指で抑えて引き上げ、指を離すとストローの中の水が抜けていくのを考えると、分かりやすいと思います。

※水落とし(水抜き)をする場合、蛇口より水を出しながら、元栓を締めるのが一般的ですが、元栓を締めてから、蛇口を開けても、水道管の中の水は抜けていきます。

給湯管(お湯管)の場合

給湯管(お湯管)の場合、配管の仕方により水落としの仕方が違います。

  天井配管、これは文字通り、天井に配管が通っています。この場合は、お湯の蛇口全てを開ければ、天井にある配管のなかのお湯(水)は、蛇口より抜けて行きます。ただ、湯沸機と天井の間にある管の水は抜けませんので、この場合は、湯沸機本体の水も抜く必要があります(下の左図)。

  床下配管、この場合は蛇口を全て開けると、お湯抜きバルブの所にお湯(水)が集まってきます。最後に、お湯抜きバルブを開け、お湯(水)を抜いてください。
※キチンと水落としをしたのに、凍結したという場合、このお湯抜きバルブを開けていないで凍結している場合が多いので注意してください。

自分の家が天井配管か、床下配管かを確認する方法は、床下に左の写真のような緑色のバルブがあれば床下配管です。
  2階に住んでいる方も、床下配管の場合は、必ず床下にありますので、確認してください
  マンションの場合は、部屋の横のパイプスペースに、水(お湯)抜きバルブがあります。


水抜き・水落としの手順
  1. 水・お湯の元栓を締める(詳しい止め方はこちら)
    • 水・お湯・トイレなど給水系統が分かれているので注意
    • 2階以上に住んでいる方は、電動防寒機の1箇所の操作で全て水を止めます
  2. 全ての蛇口を開ける
    • 蛇口をあけ、水(お湯)を出しながら、元栓をしめても良い
    • 床下配管の場合、お湯抜きバルブを最後に開けるのを忘れずに
※この方法は普通に生活している場合のことであり、長期にわたって家を明ける場合には、もっと細かな作業を必要としますので、専門業者にお問い合わせください。詳しくは、こちら

※又、このページを参考にしての、水道管破裂・凍結など事故については、一切責任を負えませんのでご了承ください。不明な点は、専門業者にお問い合わせください。

特に注意したいケース
シングルレバー
水を出すレバーが1つしかなく、水とお湯をこのレバーで温度調整して使用するタイプは、レバーを中途半端な位置で水落としをした場合、水・お湯管共、水が落ちきれない場合があります。

このタイプの水落としをする時は、必ず、水・お湯を止めた後、水側(右側)にレバーを全開にして回し、次にお湯側(左側)にもレバーを全開にして回して、確実に水・お湯管 共、水を抜いてください。 片方だけしか、水が抜けてなく、水道凍結・破裂になるケースが非常に多いタイプの蛇口なので、注意が必要です。
サーモ付き混合栓
水の温度を一定に保つ機能がついたタイプです、これも非常に凍結・破裂の事故が多いです。このタイプは、水・お湯を止めた後、温度調節の部分を、最低温度(C)にあわせ、水を確実に抜き、次に最高温度(H)にあわせ(写真右)、お湯を確実に抜いてください。
  中途半端な位置(40℃)にあると、水・お湯管とも、抜けきれません。
トイレ・洗濯機
トイレの水落としは、水を止めた後、必ず一度、タンクの中の水を流してください。タンク内の水位を下げないと、タンクの横の給水管に空気が入らず、水が落ちていきません。

洗濯機のホースが繋いだままになっている場合、蛇口を開けても水が落ちていきません。必ず洗濯機のホースを外して、水落としの作業をしてください。

※このページを参考にしての、水道管破裂・凍結など事故については、一切責任を負えませんのでご了承ください。不明な点は、専門業者にお問い合わせください。

 
※実際に作業を行なう場合は、器物の破損や怪我などに注意し、自己責任で行なってください。
※当サイトの情報により、なんらかの損害・不利益が発生した場合でも、当サイトでは一切の責任を負いかねます。


◆住宅トラブル解消◆
◆不動産アドバイス◆
賃貸物件の下見チェックポイント ●賃貸借契約の流れ  ●賃貸契約時の必要なお金・書類(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (福岡) (北九州) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)売買契約の流れ ●売買契約の注意事項 ●売買にかかる諸費用 ●売買の仲介手数料 ●不動産売買簡易査定法不動産の印紙税 ●不動産と消費税  ●住宅ローンの申し込み基準と必要書類  ●住宅ローン借入可能額 計算ページ ●住宅ローン計算ページ ●収益物件収支シミュレーション行政機関連絡先(函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)   ●電気・ガス・水道の連絡先(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸)(広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)(久留米)(佐賀)

●運営管理者●
----------○不動産WEB情報連合会○----------
 メールのお問い合わせはこちら→会社概要
不動産Web情報コンサルティング 株式会社ラルズネット
--インターネットで不動産住宅情報をコンサルティング--
CopyRight© 2001- , [Rals net] All rights resered
住宅トラブルお直し隊 トップページ