住宅トラブルお直し隊
不動産 売買の仲介手数料
住宅トラブルお直し隊
不動産連合隊別館





売買契約の媒介(仲介)をした場合
不動産 売買の仲介手数料

仲介業者C(D)が、売主A(買主B)から受領できる報酬の限度額は、下記の方法で算出した額です

物件の価額
200万円以下の部分         × 5% = A円
200万円超〜400万円以下の部分 × 4% = B円
400万円超の部分           × 3% = C円
報酬の限度額  = A+B+C円
●上記の計算方法は、時間がかかるので通常、下記の速算法を用いるとよい
物件の価額が200万円以下の場合          物件の価額× 5%  
物件の価額が200万円超〜400万円以下の場合  物件の価額× 4%+2万円  
物件の価額が400万円超の場合          物件の価額× 3%+6万円  
  1000万円の土地付中古住宅を売買した場合
1000万円×3%+6万円  = 36万円
尚、仲介手数料には消費税がかかります
注意事項
  • 上記の例により、仲介業者が売主・買主の双方から、それぞれ媒介の依頼を受けてた場合は、仲介業者は売主及び買主からそれぞれ36万円を限度に、合計72万円まで受領することができる

  • 交換の場合には、物件の価額の高い方を基礎として、上記速算法を用いる

 

売買の代理をした場合

不動産 売買の仲介手数料

宅建業者Cが、売主Aから受領することのできる報酬の限度額は、媒介の場合に当事者の一方から受領することができる額の2倍以内である

 
※当サイトの情報により、なんらかの損害・不利益が発生した場合でも、当サイトでは一切の責任を負いかねます。


◆住宅トラブル解消◆
◆不動産アドバイス◆
賃貸物件の下見チェックポイント ●賃貸借契約の流れ  ●賃貸契約時の必要なお金・書類(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (福岡) (北九州) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)売買契約の流れ ●売買契約の注意事項 ●売買にかかる諸費用 ●売買の仲介手数料 ●不動産売買簡易査定法不動産の印紙税 ●不動産と消費税  ●住宅ローンの申し込み基準と必要書類  ●住宅ローン借入可能額 計算ページ ●住宅ローン計算ページ ●収益物件収支シミュレーション行政機関連絡先(函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)   ●電気・ガス・水道の連絡先(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸)(広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)(久留米)(佐賀)

●運営管理者●
----------○不動産WEB情報連合会○----------
 メールのお問い合わせはこちら→会社概要
不動産Web情報コンサルティング 株式会社ラルズネット
--インターネットで不動産住宅情報をコンサルティング--
CopyRight© 2001- , [Rals net] All rights resered
住宅トラブルお直し隊 トップページ