住宅トラブルお直し隊 漏電ブレーカーが落ちる
水回りのトラブル解消
不動産連合隊別館




作業手順

  1. 全てのブレーカーを、オフ(下げる)にする
  1. メインブレーカー(左側赤い@)と漏電ブレーカー(中央下黒いA)をオン(上げる)にする
  1. 小さいブレーカー(白いスイッチB)を一箇所づつ順番にオン(上げる)にしていき、漏電ブレーカーが落ちたスイッチが、漏電個所です
  1. 漏電個所のブレーカーをオフにして、漏電個所以外のブレーカーをオンにすると、電気は使用できます。上の写真のように、部屋ごとにブレーカーが分かれていることが多いので、漏電個所以外の部屋は、使用できます。ワンルームマンションや部屋数が少ないアパートでは、照明系統とコンセント系統という分かれ方をしたブレーカーもあります。

さらに、詳しく調べるには

  1. 漏電個所(部屋)が特定できたら、漏電している部屋のコンセントに差しこまれている、家電製品のプラグを全て抜く、照明器具も外す。
  1. 照明も外し、コンセントにも何も差しこまれていない状態で、ブレーカーを上げてみる
  • ブレーカーが落ちない
    家電製品および照明器具が、漏電の原因です。家電製品・照明器具を順番にコンセントに差し込んでいき、ブレーカーが落ちた家電製品が漏電の原因です。原因の製品を外すと、全て正常に電気を使用できます。  
  • ブレーカーが落ちる
    屋内配線で、漏電している可能性があります、電気工事店に連絡して修理してください。
  • 漏電原因で比較的多いのが、上の階の排水漏れや水漏れ (バケツの水をこぼした)のため、照明器具やシーリング(照明がついている天井部分)に、水が溜まり漏電する事が多い

 

 
※実際に作業を行なう場合は、器物の破損や怪我などに注意し、自己責任で行なってください。
※当サイトの情報により、なんらかの損害・不利益が発生した場合でも、当サイトでは一切の責任を負いかねます。


◆住宅トラブル解消◆
◆不動産アドバイス◆
賃貸物件の下見チェックポイント ●賃貸借契約の流れ  ●賃貸契約時の必要なお金・書類(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (福岡) (北九州) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)売買契約の流れ ●売買契約の注意事項 ●売買にかかる諸費用 ●売買の仲介手数料 ●不動産売買簡易査定法不動産の印紙税 ●不動産と消費税  ●住宅ローンの申し込み基準と必要書類  ●住宅ローン借入可能額 計算ページ ●住宅ローン計算ページ ●収益物件収支シミュレーション行政機関連絡先(函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸) (広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)   ●電気・ガス・水道の連絡先(札幌) (函館) (青森) (仙台) (埼玉) (千葉) (東京) (横浜) (静岡) (浜松) (名古屋) (京都) (大阪) (神戸)(広島) (北九州)(福岡) (長崎) (佐世保) (大村) (大分) (熊本) (鹿児島)(久留米)(佐賀)

●運営管理者●
----------○不動産WEB情報連合会○----------
 メールのお問い合わせはこちら→会社概要
不動産Web情報コンサルティング 株式会社ラルズネット
--インターネットで不動産住宅情報をコンサルティング--
CopyRight© 2001- , [Rals net] All rights resered
住宅トラブルお直し隊 トップページ